記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

促成アスパラ栽培の準備について

皆さんこんにちは。ブログ担当の紺野です。

年が明けあっという間に2月に入ってしまいました。
少し日が長くなったなと感じる頃になりましたが、こちらはまだまだ寒い日が続いています。

今回年明け最初の記事では、一年後の冬収穫に向けた促成アスパラ栽培についての内容を書きたいと思います。

s_P1020009.jpg
↑は種作業の様子。ピンセットを使った細かい&地道な作業になります。
s_P1020013.jpg
↑まく種はこんな感じです。

まずはセルポットへの土詰めから始め、上の画像のようなは種作業、さらに水を溜めた桶に漬けて吸水させる、という流れになります。

s_P1020016.jpg
↑次の段階、吸水中の様子です。桶に水を溜めて、箱の下からたっぷりと水を吸い上げさせます。

上の画像のような状態にしておけば、だいたい10分程度で十分吸水されます。
桶から上げたら水を切って、最後に育苗機に入れて完了です。
s_P1020020.jpg
↑育苗機の中はこんな感じで、約25℃を保つように設定します。

育苗機に入れる期間は4日~1週間です。とりあえず芽が出るまでは加温の状態にしておきます。

今回の記事はここまでです。アスパラ栽培の経過についてはこれからも書き続けたいと思いますので、ブログとともに成長を楽しんでもらえると嬉しいです。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。